お知らせ 大阪工業大学とのコラボによる「水都大阪」 体験型アクティビティを「アクアライナー」で一般向け初公開

水都大阪コンソーシアムでは、関西エリアの大学と連携し、学生が水都大阪に関する歴史・文化などを学び、課題を掘り下げ、学生ならではの視点でその魅力を発見・発信する「水都大阪アカデミア」プロジェクトを推進しています。今回、大阪工業大学とのコラボによる「水都大阪」 体験型アクティビティを「アクアライナー」で一般向け初公開します。

【ポイント】

● 本学が持つ情報科学分野の知見を活用し、水都大阪の新たな観光産業資源を形成

● エンターテインメント+エデュケーション(=エデュテイメント)を提案

● 学術機関と地域産業との連携による知の循環型社会を構築

水都大阪の新たなファン作りと水の回廊にある水辺拠点の認知度向上、水辺のエデュテイメント(エンターテイメント+エデュケーション)による新たな水辺の楽しみ方を市民に提案することを目的としています。

 今回、本学の情報メディア学科 Visual Computing研究室(村木祐太 講師)から「位置情報によるクイズアプリ体験」のエデュテイメントを提案。アクアライナーに乗船しながら使用可能なアプリケーションを開発しました。位置情報(GPS)を用いて、アクアライナーが特定のスポットに接近すると、そのスポットに応じたクイズが出題されます。更に、アクアライナーから見える水辺の魅力スポットを豆知識とともに知ることができます。クイズの正解数に応じてプレゼントを用意しており、子供から大人までどなたでも楽しむことができます。本アプリケーションによって、歴史や水辺の魅力を楽しみながら学習することが可能です。

【実施概要】

1.実施日時:2023年1月14日(土) 各便(体験は1便につき3人)

11:00 / 11:45 / 12:30 / 13:15 / 14:00 /

14:45 / 15:30 / 16:15 /

2.場  所:大阪城港(大阪市中央区城見1丁目3−2)

3.内  容:大阪工業大学学生によるアプリの概要説明および体験

→大阪工業大学のプレスリリースはこちら 

→Facebookはこちら

一覧へ戻る