【終了】水辺における野外演劇の可能性

【終了】水辺における野外演劇の可能性

歌舞伎の発祥など日本の芸能史をたどると、水辺や野外は重要な意味を持ちます。

台湾の移動舞台車による野外公演を行ってきた美術家・演出家のやなぎみわ氏をゲストに迎え、船上と陸上で、水辺空間と演劇にまつわるトークを行います。

第1部は、貸切船で中之島を一周しながら、都市社会学者で水辺の文化史に精通する山田創平氏とやなぎ氏が、水辺の生活文化と演劇との歴史的なかかわりについて語ります。第2部では、大阪大学中之島センターにて、演劇研究者の永田靖氏をゲストに、これまでやなぎ氏が展開してきた中上健次の『日輪の翼』を舞台化する「ステージ・トレーラー・プロジェクト」などを振り返りながら、水辺における野外演劇の可能性について語ります。

 

第1部 船上ツアー「水辺の生活文化史と演劇」

会場 アクアライナー
[福島港(ほたるまち)→中之島を時計回りに一周→福島港(ほたるまち)]*雨天決行
ゲスト やなぎみわ(美術家、演出家)
山田創平(京都精華大学人文学部准教授)
司会 木ノ下智恵子(大阪大学共創機構社学共創本部准教授/アートエリアB1運営委員)

 

第2部 トーク「中之島における野外演劇の可能性」

会場 大阪大学中之島センター(大阪市北区中之島4-3-53)
ゲスト やなぎみわ(美術家、演出家)
永田靖(大阪大学文学研究科教授/共創機構社学共創本部長)
司会 久保田テツ(大阪音楽大学准教授/アートエリアB1運営委員)
開催日時
2019年2月24日(日)
第1部 13:30~14:30/船上ツアー「水辺の生活文化史と演劇」
第2部 15:00~16:30/トーク「中之島における野外演劇の可能性」
会場・住所
第1部:アクアライナー[福島港(ほたるまち)→中之島を時計回りに一周→福島港(ほたるまち)]
第2部:大阪大学中之島センター(大阪市北区中之島4-3-53)
入場料・他料金
第1部 1,500円/第2部 500円
(どちらかのみの参加も可)
予約について
チケット販売サイト「PassMarket」よりご購入ください。
(登録不要/クレジットまたはコンビニ決済)

*定員:1部、2部とも各70名(要チケット購入/先着順)
雨天時の対応
雨天決行
主催
平成30年度文化庁戦略的芸術文化創造推進事業
都市の地質調査・再耕事業「クリエイティブ・アイランド・ラボ 中之島」
主催:文化庁、アートエリアB1運営委員会
制作:アートエリアB1運営委員会
共催:大阪大学共創機構、中之島まちみらい協議会
協力:大阪水上バス株式会社、大阪大学中之島センター
公式サイト
アートエリアB1 水辺における野外演劇の可能性