メインイメージ

※こちらのイベントは終了いたしました。

大川さくらクルーズ

春の訪れを告げる水都大阪の川開きに合わせ「大川さくらクルーズ」がスタート。
天満橋から桜の宮まで川沿いに咲き誇る桜並木を気軽に船から楽しめる約25分のクルーズです。

イメージ大川さくらクルーズ

大川さくらクルーズの乗り方

大川さくらクルーズ short+ver
期間
3月27日(土)から4月11日(日)まで
時間
10時~19時のあいだ10~30分間隔で出航
※3月27日(土)のみ14時~運航します
乗場
八軒家浜船着場
(大阪市中央区天満橋京町1-1)
交通
Osaka Metro谷町線 天満橋駅 2号出口 徒歩5分
京阪電車 天満橋駅 17番出口すぐ
料金
大人1,200円・小学生無料(大人1名につきお子様1名まで。お子様2名以上は小学生料金600円を頂戴します)
チケット
売場
京阪電車 天満橋駅 西改札横(9:00開場)
電子チケット購入はこちら

パンフレットはこちら

運航コースはこちら

運航コース

イメージ2021 世界水の日キャンペーン

#water2meを付けて、あなたが思う水の大切さを発信しよう!

2021 世界水の日キャンペーンイメージ

3月22日は国連が定めた「世界水の日」です

1993年から毎年3月22日に開催される世界水の日は、淡水の重要性に焦点を当てた毎年恒例の国連の行事です。
この「世界水の日」は国連の水と衛生に関する調整機構であるUN Waterが主催し、世界的な水危機に立ち向かうために行動を起こし、持続可能な開発目標SGDs「6(安全な水とトイレを世界中に)」を2030年までに達成することを目的としています。

2021年のテーマは「valuing water(水を大切にする)」

UN Waterは毎年、世界水の日のテーマを設定しています。
2021年のテーマは、『valuing water(水を大切にする)』です。
水は人によって様々な意味を持ちます。たとえば日常生活では、水は健康、衛生、尊厳、生産性を意味します。文化的、宗教的、精神的な場所では、水は創造物やコミュニティとのつながりを意味します。そして自然空間では、水は平和と保全を意味します。
ひとりひとりがこのテーマについて考え、また水への希望と懸念を共有しましょう。
そして、世界的な水危機にみんなで立ち向かい、すべての人に水と衛生を届けましょう。

デジタルキャンペーン「#water2me」に参加しよう!

世界水の日こども議会はUN Waterと連携して「#water2me」キャンペーンを呼びかけています。ソーシャルメディアで、「valuing water(水を大切にする)」についてのあなたの考えを、発信してください。

投稿する際は、以下の4つのハッシュタグを付けてください。 #water2me
#aquametropolisOSAKA
#WorldWaterDay2021
#Okawasakuracruise

SNSでの発信は、こちらのページに掲載される場合があります。
https://www.worldwaterday.org/act

世界中の人々からのメッセージはUN Waterが要約し、水の重要性についてのレポートに使用します。水危機の解決に向けて、ぜひキャンペーンに参加して、あなたの考えを教えてください。

イメージほぼ毎日更新!今日の大川さくらクルーズ

大川さくらクルーズや付近の桜の様子をお伝えします。

最新の大川さくらクルーズの模様はこちらより